戻る

モノグラフ展

『Brilliant:Cartier in the 20th century』展(2014-2015)

スタイルのアイコン、アールデコ、さまざまな国の王室、インドやペルシャ、エジプトや中国といった異国からのインスピレーション。29回目となるカルティ エ コレクションの展覧会は、ジュエラーとしてのカルティエの歴史を形作ってきたテーマに迫りました。この展覧会では、72点のアーカイヴ原本資料に加え、カ ルティエ コレクションからの作品、プライベート コレクションやモナコ大公宮殿、カタール美術館庁などの公的機関から貸与された作品を含む歴史的な254点の作品を披露しています。

 

この展覧会ではまた、初めて男性用アクセサリーや、スモーカー用の小物も取り上げ、さらに、展覧会場内にアトリエを再現して、訪問者にメゾンの作品制作の工程を紹介しました。