戻る

「Cartier and America(カルティエとアメリカ)」(2009年)

サンフランシスコ、レジョンドヌール美術館

カルティエのアメリカへの進出100年を祝い、サンフランシスコのレジョンドヌール美術館がその館長ジョン・ブキャナン ・ジュニア氏の発意により「Cartier and America(カルティエとアメリカ)」展を開催することになりました。この展示会の指揮を執ったのは装飾芸術の専門家マーティン・チャップマン氏。彼はカルティエの重要なアメリカ人顧客について調査を行い、またこれまで公開されたことのなかったカルティエ アメリカのアーカイブからの資料や個人から貸与された作品を、自ら厳選した「カルティエ コレクション」とともに展示しました。大人気を博したこの展覧会では、その開催期間が延長され、さらにはデンバー美術館に新しい巡回展の着想を与えました。このデンバー美術館による展覧会は2014年に開始されます。