戻る

「Story of… カルティエ クリエイション~めぐり逢う美の記憶」 (2009年)

東京、東京国立博物館

「Story of… カルティエ クリエイション~めぐり逢う美の記憶」は、「カルティエ コレクション」の長い巡回の旅の中で、重要な一過程となりました。上野の東京国立博物館で行われたこの展覧会の演出は、世界的に有名なデザイナー、吉岡徳仁氏に委ねられました。ここでは、訪問者の感情に働きかけるため、黒と白、光と陰で対照的なビジョンが、無駄を排除した雰囲気の中で表現されました。革新的なホログラムによる投影は、ジュエリーのデザイン工程を見せながらその製造技術を解説し、またそれらを注文した有名人たちの物語を語りました。展覧会の最後に、このデザイナーが考案した香りの部屋があります。この展覧会を訪れたこと、そしてカルティエの作品を目にしたことが大切な思い出となるよう、その香りを家に持ち帰れるようにと願って…。