戻る

モノグラフ展

「エットーレ ソットサスの目がとらえたカルティエ宝飾デザイン」展(2002年)

2002年 ベルリン、ヴィトラ デザイン美術館
2002-2003年 ミラノ、王宮美術館
2004年 京都、醍醐寺
2004-2005年 ヒューストン、ヒューストン美術館

建築家、デザイナーとして広く知られたエットーレ・ソットサス氏がディレクターを務めたこの巡回展は、ベルリン、ヒューストン、ミラノ、京都でそれぞれに独創性のある空間に迎えられました。かつての電力施設をヴィトラが生まれ変わらせた、旧東ベルリンに位置するデザイン ミュージアムから京都の由緒ある寺の仏像に囲まれた空間まで、ソットサス氏のビジョンが、作品の象徴的な次元に光を当てました。神秘的な薄明かりが、ジュエリーの社会的な位置付けより、その美しさに焦点を当て情緒的なアプローチで訪問者を誘いました。この展覧会では、自らの才能を証明するデザイナー自身の写真も展示され、これらがこの独創的な空間の中で、訪問者を知覚的な世界へと導きます。