戻る

クリーヴランド美術館、クリーヴランド(米国)

『ジャズの時代:1920年代のアメリカンスタイル』展

会期:2017年9月30日から2018年1月14日まで

クリーヴランド美術館とニューヨークのクーパーヒューイット・スミソニアンデザイン博物館が共催したこの展覧会は、1920年代のアメリカにおけるジャズの時代を幅広い作品によって紐解くものです。芸術のほとばしりとダイナミックなナイトライフに特徴付けられるこの10年間は、新しいイノベーションと近代化の時代を象徴するジャズの出現と密接に関わっています。「カルティエ コレクション」から、アールデコ スタイルのものやアジアやオリエントに由来するモチーフをあしらった作品11点が貸与されました。これらの作品は、パリで1925年に開催された現代装飾美術・産業美術国際博覧会から影響を受けたアメリカ上流階級の、デザインに対する趣向を表しています。ヴァニティケースやシガレットケースなど「カルティエ コレクション」の作品をはじめ、展示されているジュエリーやアクセサリーの多くが、この時代を象徴する著名人たちが所有していたものです。例えば、トゥッティフルッティ スタイルの見事なブレスレットは、作曲家コール・ポーターの妻であるリンダ・ポーターが所有したものです。

この展覧会は2017年4月7日から8月20日までの期間、最初の開催地としてニューヨークのクーパーヒューイット・スミソニアンデザイン博物館にて開かれました。

 

 

Cleveland Museum of Art - The Jazz Age

 

 

Cooper Hewitt, Smithsonian Design Museum - The Jazz Age