比類なき芸術

比類なき芸術

The Art of Being Unique

カルティエの独自性、それは固有のサヴォアフェールと技術の全てです。メゾンは、たゆまぬ革新性の追求を続けながら、持ちうる独創性を発揮して稀少な素材を組み合わせ、それを保護しています。

 

 

 

 

極めて繊細な素材として知られるコーラルにカットを施すことは、それだけでまさにひとつの偉業と言えます。なぜなら、コーラルはわずかな衝撃でも砕けてしまう恐れがあるからです。「パンテール トロピカル」ウォッチには光り輝く縦溝のモチーフがあしらわれたため高度な職人技が求められましたが、コーラルの微細なプレートを用いたことで制作が実現されました。 

 

 

 

 

カルティエのダイヤモンドは、カルティエの専門家の「目」によるきわめて厳格な選別基準を通して誕生します。メゾン独自の専門技術とエキスパートによって、たぐい稀なるストーンの中でも極めて特別なものを宿すストーンだけを見分けることができるのです。それこそが、カルティエの独自性だと言えるでしょう。

 

 

 

 

カルティエ、すなわち限界を押し広げ、さらなる高みを目指し、予期せぬ出会いをつくり出し、新たな展望を切り開く技術…パイユとゴールドのマルケトリを用いて、カルティエはこの眩いウォッチを生み出し、芸術的職人技を表現しています。

 

 

 

 

トゥッティフルッティは、メゾンのスタイルの中心的存在です。マハラジャ ネックレスはこのスタイルにおける最も新しいクリエイションのひとつであり、インドの伝統的なサヴォアフェールを用いながらエメラルド、サファイア、ルビーを組み合わせた、壮麗なハイジュエリー ピースです。

 

 

 

 

パンテールには、カルティエ独自のサヴォアフェールのひとつである「ペラージュ」セッティング技術が用いられています。オニキスまたはサファイアによってひとつひとつ手作業で仕上げられるパンテールの斑点には、ひとつとして同じものはありません。ジュエリー職人は、小さな貴金属の爪を斑点の周りに配し、この爪を糸のように引き伸ばして折り返していくことで、本物のような毛並みに仕上げていきます。こうして素材が目を覚まし、感情を呼び起こすのです。

 

 

 

 

5年に及ぶアトリエでの活発な議論と、2つの特許技術の採用により、レヴェラシオン ウォッチは誕生しました。砂時計にインスピレーションを得た技術によって、レヴェラシオン ウォッチのダイアル上では束の間壮麗なショーが繰り広げられます。手首の動きに合わせて、650個のダイヤモンドがパンテールの表情を描き出し、そしてまた隠していきます。最先端技術と伝統的な技術が組み合わさって導き出す、まさに動く絵画です。

 

 

 

カルティエのサヴォアフェール