戻る
Cartier Philanthropy

Cartier Philanthropy

持続的に影響を与える、効果的な慈善活動

「現代のフィランソロピーとは、明確な根拠に基づく実施や、データ重視型の戦略立案と厳密な説明責任の徹底、そして取り組みの緻密な評価に尽力し、明確な目標に対してコミットするものです。それにより、人々を困難な状態から救い出し、彼らの持つ能力を高め、自分なりに成長する術を見出すための手助けをする手法を、絶えず改善し続けていくことが可能となるのです。」

シリル・ヴィニュロン
カルティエ フィランソロピー財団理事会長
カルティエ インターナショナル プレジデント & CEO

財団について

カルティエ フィランソロピーは、メゾン カルティエによる慈善事業のための財団です。
この財団がジュネーブに設立されたことは、カルティエの慈善活動における重要な転機となりました。その後、長い年月をかけて慈善活動に取り組む多くのイニシアチブをサポートし、また、データに基づいた結果優先型のアプローチを全面的に採用することで、持続的な影響を及ぼしてきました。
すべての人の潜在能力を開花させるという究極の目標に突き動かされ、カルティエ フィランソロピーは、人々の行動や目的の達成を妨げる障壁を取り除こうと努めています。その活動は、特に社会から排除され取り残された人々、とりわけ世界の後発開発途上地域で生活する女性と子供たちの生活向上に焦点を当てるものです。

カルティエ フィランソロピーは、メゾン カルティエの高い職業基準と卓越性の追求を共有しながらも、その商業活動からは完全に独立して活動しています。

活動対象の4つの範囲

Cartier Philanthropy

各種の基礎サービスへのアクセス

カルティエ フィランソロピーでは、子供たちとその家族が、清潔な水を飲み、十分な食事を摂り、清潔な衛生設備を使用し、教育を受け、病気になったら医療ケアを受けられるよう、取り組んでいます。

Cartier Philanthropy

女性の社会的かつ経済的発展

ジェンダーの平等を実現するために、カルティエ フィランソロピーでは、女性が暴力から立ち直ることを支え、また、自ら生計を立て自信をつけるための技術や知識、財源を手にする手助けをしています。

Cartier Philanthropy

持続可能な暮らしと生態系の保全

カルティエ フィランソロピーは、貧困に陥っている人々が経済的に、環境的に、そして社会的にも持続可能な方法で生活していけるよう手助けをしています。

Cartier Philanthropy

緊急対応と心構え

カルティエ フィランソロピーは、生命を守り、苦しみを和らげ、犠牲者の数を減らすための支援を提供します。また、地域社会が衝撃に備えるためのサポートをします。

「資金提供者として、私たちには、人々の生活を持続的に改善するためのプログラムに効率的な投資を行う責任があります。 このため、私たちは、質・量の双方の観点からプログラムの進捗を測ることができる、効果的なアプローチを行う非営利団体と連携し活動しています」

パスカル・ドゥ・ラ・フレゴニエール
エグゼクティブ ディレクター