Santos de Cartier

世界的に著名なブラジル人飛行士、アルベルト・サントス=デュモンは、友人ルイ・カルティエに、飛行時に懐中時計を取り出して時間を見ることが困難だと打ち明けます。その3年後、ルイ・カルティエは、友人のために、腕に着けることを前提とした最初のモダンウォッチをつくり、時計製造業界に革命を起こしました。こうして誕生したメゾンのアイコンは、1904年以来数十年にわたって新たな神話を書き加えてきました。

 

1901年、航空界のパイオニアであるアルベルト・サントス=デュモンは、友人のルイ・カルティエに飛行時に懐中時計を取り出して時間を見ることが困難だと打ち明けます。

 

その3年後、ルイ・カルティエは、友人のために、腕に着けることを前提とした最初のモダンウォッチをつくり、時計製造業界に革命を起こしました。1904年に誕生した腕時計は、先見性でつながりあった2人が実験的研究の末に生み出した傑作です。