ジュスト アン クル

 

無駄のないラインが、1本の釘をプレシャスなオブジェへと昇華させます。
ジュスト アン クル ブレスレットのデザインの特徴は、1本の線です。ひとつのオブジェに対して最も純粋な表現、すなわち一目見ただけで分かる明瞭な構造を見出そうとするカルティエの意志が示されています。

 

1971年にカルティエ ニューヨークで誕生したジュスト アン クル ブレスレットは、当時「ネイル ブレスレット」と呼ばれていました。2000年代に新たなモデルがデザインされ、その洗練されたラインにふさわしい、ジュスト アン クルの名がつけられました。現在このコレクションは、イエローゴールド、ピンクゴールド、ホワイトゴールドで展開し、ヘッドにダイヤモンドがあしらわれたモデルや、リング、ブローチ、ネックレス、イヤリングが揃います。

いつの時代も新しいジュエリー

ジュスト アン クル ブレスレットは、どのモデルにおいても洗練されたディテールが存在感を放つデザイン オブジェです。

Enter the world of Cartier