ドライブ ドゥ カルティエ

着け心地の良さ、湾曲したケース、膨らみを帯びたガラス、サファイアのダイアルなど独特のスタイルが特徴。 2016年に発表されたドライブ ドゥ カルティエ ピンクゴールド製ウォッチ。

170年にわたるスタイルとエレガンス

語り継がれるカルティエのエクセプショナル クリエーション

 

 

1932年にウィンストン・チャーチルが息子ランドルフのために、9Kゴールド製の封筒型シガレットケースをカルティエ ロンドンにオーダー。ケースには彼の住所が書き写されていました。

後に英国首相となるチャーチルらしいユーモアが感じられるシガレットケースは、友情の証としてランドルフからエジプトのファルーク国王へ贈られ、王を魅了しました。

 

1933年頃にカルティエ ニューヨークが制作した、マネークリップにもなるブラックエナメルと14Kゴールド製の時計。時間と所持金を一度に確認できる、シックでありながら独創的なアイテムです。

さらに、ポケットに入れると時計が回転し、ダイアルが保護されるという創意工夫がなされています。

 

20世紀半ばにカルティエ ニューヨークが販売した、14Kゴールド製のベルトバックル/ウォッチ。「ゴルファーウォッチ」とも呼ばれています。

手首から離れた場所に装着するため、フェアウェイ上でボールを打つ際にも、ムーブメントに衝撃を与えることがありません。