トーチュ

1912年、ルイ・カルティエは亀の甲羅の形をした“トーチュ” ウォッチを創作。そのフォルムは、当時のラウンドケースの腕時計と一線を画し、現在は、カルティエのウォッチ コレクションの中でも定番アイテムのひとつとなっています。