タンク サントレ

 

1916年にルイ・カルティエによってデザインされた、伝説的なウォッチ、「タンク」。時を計るその道具は、あらゆる伝統と慣習を覆し、時計製造におけるひとつの指標として存在感を高めました。ルイ・カルティエによる当初のコンセプトを忠実に守りながらも、あらゆる時代の自由なスタイルとエレガンスを提案しています。

 

「タンク」の並行する2本の縦枠は、ストラップのラグをケースに完全に一体化させています。 

ケースやラグといったパーツを調和よく組み合わせることは、これまでこの分野では見られなかったスタイルの前進であり、リストウォッチの出現を称えるこのデザインは、何年もの熟慮と研究の賜物でした。