タンク

 

タンク ウォッチは、戦車を上から見た時のデザインに着想を得てデザインされ、縦枠を無限軌道に、ケースを操縦席に見立てた、明確なグラフィックによって定義されています。こうしたフォルムの発想から、新たな伝説となるスタイルが生まれました。ブレスレットから続くラインを乱すことなく、その延長線上にケースを一体化させ、ラグのデザインが描かれたのです。

 

無駄のないラインが特徴のタンク ウォッチは、新たなフォルムのウォッチをつくり出したいというルイ・カルティエの強い思いによって1917年に生まれました。平行に伸びる2本の縦枠は、タンク ウォッチのシグネチャーです。

いつの時代も新しいウォッチ

タンク ウォッチの端正なラインとエレガンスは、あらゆる大胆な創造を可能にしてきました。

Enter the world of Cartier