クレ ドゥ カルティエ

鍵の機能を連想させる特徴的なリューズからクレ(鍵)と名付けられたタイムピース。その独特のリューズは、ケースの曲線に完璧に組み込まれています。

クレ ドゥ カルティエの構想において、課題は明確なものでした。完璧な円の中に新しいフォルムを見出すこと。当初、それはごく簡単なことに思えました。しかし、簡単に見えるものほど実は複雑である場合が多いのです。結果として、精妙さと制限の上に成り立つ傑作が生まれました。無駄をすべてそぎ落としたフォルムには本質だけが残り、すべてに精度、バランス、そしてプロポーションが追求されました。