アンドンプターブル ドゥ カルティエ

アンドンプターブル ドゥ カルティエ

カルティエが大胆に掛け合わせたジュエリーコレクションは、生き生きとしたグラフィカルな作品が展開。耳、顎、目、口はデザインに相応しく精緻に表現されています。カルティエのジュエリーとウォッチのデザインスタジオがつくり上げた型破りなコレクション、「アンドンプターブル ドゥ カルティエ」。そのデザインは超写実主義に基づき、すべてのディテールが際立ちます。動物たちの頭部はそれぞれのイメージに忠実でありながら、その体は入れ替わっています。クロコダイルの鱗で覆われたシマウマの体、パンテールの体に拡がるシマウマの縞模様、一方、キリンとトラは互いの特徴的な毛並を交換しています。

シマウマとワニ:
アミラ・カサールが語る動物たちの物語

CTA Link

かつてないほどに野生的で飼いならせない動物たち

詳細を見る

トラとシマウマ:
アミラ・カサールが語る動物たちの物語

CTA Link

アンドンプターブル ドゥ カルティエ ウォッチ

詳細を見る

向かい合う動物たち:
カルティエを象徴するテーマ

向かい合った2頭が織りなすジュエリーは、早い時期にメゾンのクリエイションに登場し、1920年代には大きく注目を集めます。そして1950年代、このタイプのジュエリーで大成功を収めたのが、当時クリエイティブ ディレクターを務めていたジャンヌ・トゥーサンでした。