2006年にカルティエとマッキンゼー・アンド・カンパニー、INSEADビジネススクールによって設立されたカルティエ ウーマンズ イニシアチブ アワード(CWIA)は、国や産業分野に関わらず女性起業家が主導するインパクトあるビジネスを対象とした、年に1度開催される国際ビジネスプラン コンペティションです。
同アワードは、現代のグローバルな課題を解決するための原動力となるような世界中の女性起業家を支援するための活動を行っています。毎年、7つの地域(中南米、北米、ヨーロッパ、サハラ以南のアフリカ、中東および北アフリカ、東アジア、南アジアおよびオセアニア)から各3名、計21名の女性起業家がファイナリストに選出されプライズを受賞します。

2019年受賞者

リサ・パオラ・ヴェラルデ・カルヴィヨ
メキシコ、Technologies Delee Mexico(テクノロジー デリー メキシコ)

がん患者の体内で循環腫瘍細胞(CTC)の存在を検知する血液検査。これによって医師は病気の進行をより効率的に観察することが可能に。

 

ラン・マ
アメリカ合衆国、Siren(サイレン)

Neurofabric(足の温度を観測し、足部潰瘍を予防するためのマイクロセンサーを搭載した特許技術)を素材とした、糖尿病患者向けのスマートソックス。

 

ジネブ・アグミ
フランス、EzyGain(イジーゲイン)

骨盤で固定し、患者の進行具合を観察できる、低価格で小型の歩行リハビリテーション装置。

 

マンカ・アングワフォ
カメルーン、Grassland Cameroon(グラスランド カメルーン)

トレーニング、農業インプット、市場へのアクセスの総合的な対策を小規模農家に提供する資産担保型の手頃な融資サービス。

 

 

ヒバ・シャタ
アラブ首長国連邦、Maharat Learning Center(マハラ ラーニング センター)

特別な支援を必要とする子供や若者に行動療法と教育サポートを提供する学習センター。

 

チョ・ヨンジョン
韓国、SAY Global(セイ グローバル)

韓国国内で定年退職したシニア層と、世界中の韓国語学習者をつなぐオンライン言語スクール。

 

カルミナ・バヨンボン
フィリピン、InvestEd(インベステッド)

特許取得の格付けアルゴリズムを使用した、十分なサービスを受けていない若者に学生ローンを提供する投資プラットフォーム。

カルティエ ウーマンズ イニシアチブ 2020

2020年度の募集が始まっております。応募方法をご覧いただき、ご質問等がございましたらお気軽にお問い合せください。

お問い合わせ(英語): contact@cartierwomensinitiative.com