戻る

カルティエ ウォッチメイキング インスティテュート

オート オルロジュリーの技を次の世代に継承していくために、カルティエは1993年、カルティエ ウォッチメイキング インスティテュートを設立しました。このインスティテュートでは、時計製造、研磨、マイクロ工学など多岐にわたる分野の教育を行っています。

これと並行して、熟練の職人がさらにスキルアップして最新の知識を学ぶことができる、選択式の研修制度も用意されています。また、15年以上にわた り、時計職人研修生たちが自らの技術的・芸術的な才能を表現することができるコンテストを開催し、各自の実力が評価される機会を提供しています。

「カルティエ ウォッチメイキング インスティテュートコンテスト」

このコンテストは、3年間の研修を終えたスイスの時計職人研修生全員を対象とするものです。時計製造研修を通して総合的な技術を学んだ研修生たちにとって、このコンテストは自らの技術や創造性を発表する場となります。

コンテストでは毎年異なるテーマが設定され、参加者は32時間以内に作業を終えなければなりません。このコンテストでは、カルティエが用意したウォッチのムーブメントにメカニズムや表示機能を加え、デザイン性に優れた技術ソリューションを提案することが課題となります。

コンテスト創設以来、1,000人以上の研修生が参加し、技術力や創造力を表現してきました。